HOME   »   寸劇  »  電子頭脳の姫は故郷に何を思ふか…
RSSフィード
シャウラのアイネスは秋葉原のまんだらけで売られていた。

今、改めて戻ってきた彼女にはこの光景はどのように写るのだろうか…


彼女の電子頭脳内で処理されているであろう『思い』とは…
我々、人間と同じなのだろうか…。
オルベル「とまぁ、アイネスちゃんが実家(?)に戻ったから感動的なタイトルをつけてあげましょう‼」( ´∀`)

グラフィ「…。」(・ω・)
マオチャオ「…。」(・ω・)
ゼルノ「って、新しいオモチャ見つけただけじゃない‼」(; ゚ ロ゚)

オルベル「まぁまぁ、団長も許可もらってやってる(本当に)訳だから。」( ´∀`)

ゼルノ「無駄にフットワーク軽い時あるからなぁ…。」(;´д`)

マオチャオ「出来たデース‼」( ´∀`)
オルベル「はい、マオ姉さん。いってみよ‼」( ´∀`)


マオチャオ「シンプルが一番だってマスターも言ってたです‼」( ゚д゚)

ドン!!

ゼルノ「ウルトラマン‼」(゚ ロ゚)

オルベル「直球できた。いいんじゃない?」( ´∀`)

マオチャオ「ふふふ~ん。」(*≧ω≦)

オルベル「次は、どちらが?」

グラフィ「僭越ながら、オラが…」
オルベル「では、グラ姉さん。お願いします‼」

グラフィ「映画の タイトルを パロってみた!」

ドン!!

オルベル「逃げ出してる。」( *´艸`)

ゼルノ「グラフィ。それだと、愛想尽かしてる。」(;^ω^)

グラフィ「あ…。いや、そういった訳じゃなくで‼」ヾ(゚д゚;)

オルベル「大丈夫‼大丈夫‼」( *´艸`)

グラフィ「うぅ…。とんでもねぇ事いっちまっただ…。」(;´д`)

オルベル「じゃ、ゼル姉さん。締めを!」
セゼルノ「あ…。しまった!!」(;´д`)

ゼルノ「ハードル高いなぁ…。」(;´д`)

ドン!!

オルベル「…。」(・ω・)
グラフィ「…。」(・ω・)
マオチャオ「…。」(・ω・)

ゼルノ「…。いや、何か言えよ…。」(-_- )

グラフィ「…。姉様、社会派なん?」(*´-ω・)

マオチャオ「…。ドキュメンタリー?」(*´-ω・)

ゼルノ「あー…。考えすg」

オルベル「まぁ、駄々滑りなだけやけどね。」( ´∀`)b

ゼルノ「う、うっさい!!」(〃Д;〃)

オルベル「ふふふ。」( *´艸`)

マオチャオ「あれは何デスか?」( ・_・)?

グラフィ「アレ?」( -_・)?
ゼルノ 「あれって?」( -_・)?
オルベル「あ!!」ダッ(; ゚ ロ゚)

アイネス「…。」


ゼルノ「あれって…。アイネスちゃんじゃない?」(・ω・)

グラフィ「嫌な 予感がする…。」(・ω・;)
マオチャオ「でっかい剣デスー。」( ´∀`)

アイネス「速度よし…。角度よし…。」


アイネス「これで…。決める‼」( ゚д゚)

ブォン‼

ゼルノ 「って、ユナイトソードじゃん‼」(; ゚ ロ゚)

グラフィ「剣を…。投げる…。北欧神話の槍を彷彿さs」( -_・)

ゼルノ 「今、そう言うのいいから‼」(; ゚ ロ゚)

マオチャオ「アイネス 力持ちデース‼」(*≧ω≦)ノ

ゼルノ 「今、感心してる場合じゃないから‼」(; ゚ ロ゚)

ゼルノ 「オルベル!!逃げ…ってアレ?」( ゚д゚)?

マオチャオ「オルベルさっき走ってどこかに言ったデスよ?」(´・ω・`)

ゼルノ「…。(アイツ逃げよった)」(;Д;)
ゼルノ 「うわーん!!グラフィ、マオチャオ逃げるよ‼」ダッ 。・(つд`。)・。

グラフィ「ゼルノ姉様、泣くでねぇ。今は、走れ。」ダッ (´・д・`)
マオチャオ「ゼルノ姉、どこか痛いんデスか?」ダッ (´・д・`)

アイネス「…ちっ。…外した 。」( ´△`)
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
FC2カウンター
コンテンツ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

PAGE TOP